現金化

ショッピング枠を現金にする行為の安全性などについて

ショッピング枠を現金にする行為の安全性などについて

(公開: 2017年1月24日 (火)

ショッピング枠の利用限度額が残っている場合はショッピング枠を使うと、その場で現金を使わなくても後でカード会社に代金を支払うという条件で商品を購入できます。

このショッピング枠を使って、購入した商品を買取店などで売却して現金を得るという方法があります。

これを、クレジットカード現金化といいます。

業者に依頼する場合でもキャッシングや消費者金融などと違って勤め先や年収や家族構成などを伝える必要がないので、安全性が高いです。

業者に依頼してもカード利用明細に業者名は出ないので、他の家族に見つからないように行うことが可能です。

ただし、自分でショッピング枠を利用すると購入履歴がすべて残るので、カード会社から購入履歴を常に監視されることになります。

多くのカード会社は、ショッピング枠を転売目的で使用することを禁止しています。発覚すると、カード利用停止になる場合があります。

しかし、業者に依頼すると決済代行会社を通すので購入した商品をカード会社が把握することは難しく、カード利用停止になるリスクが低くなります。

業者に依頼する場合は、購入金額に対して20%程度の手数料が発生します。

ただし、優良な業者の中には一度決めた換金率を下げないで、申し込んでから20分程度で現金を振り込むところもあります。

しかし、中には悪徳業者も存在するので、事前の情報収集が必要です。

また、悪徳業者を避けるという意味では、自分でクレジットカード現金化を行った方が安全性が確保されます。

このとき、ゲーム機であれば1台か2台を1つの店舗だけで購入するなど、個人的に楽しむための買い物だと判断されるようにショッピング枠を利用することが大切です。

ですが個人での現金化にはリスクが伴いますので換金率が良い業者を探して利用する事をオススメします:ビックギフト評判